英会話スクールで学ぼう|語学を身に付けるコツ

女の人

資格を取る

英会話

日本語教育能力検定を持っていれば、日本語教師として働くことができます。日本語教師は、日本に語学留学に来た方に指導ができる仕事に就けます。また、その国に直接行き現地の方に指導ができます。日本語を学ぶ学生の多くは中国や韓国になりますが、貿易を行っているタイやヨーロッパなど様々な国で教えられます。海外で活躍したい、留学生に日本語を指導したいとういう方は、日本語教育能力検定を取得すると良いでしょう。この資格があれば、胸を張って外国人に日本語を教えられます。資格がないと間違えた日本語を教えてしまうことがあり、外国人はその言葉を覚えてしまいます。そうならないためにも、日本語教育能力検定の資格を取得しておく必要があります。

日本語教師は国家資格のものではありません。ですので、日本語教師になろうと思えば誰でもできます。ですが、留学や現地で日本語指導をするとなると、それなりにスキルが求められます。よほどのキャリアがないと日本語教師になることは難しいといえます。そのため、日本語教育能力検定の資格を持っていた方が良いでしょう。この資格は、筆記試験になります。また、合格率としては全体の20%程度になっており、簡単に取得できる資格ではありません。ですので、独学で勉強できますが、対策講座を受けた方が最適です。講座では、過去の日本語教育能力検定として出題されたテスト問題などを使って、テスト対策を行ないます。この対策講座を受けて日本語教師になれる資格を取得しましょう。